トップ 活動内容 指導者規定 組織図 講習会等 免除申請 メール 県ソ協会 指導者の参考

指導者委員会の活動内容

1.日本ソフトボール協会「準指導員」養成講習会の開催
   青森県ソフトボール協会主管により4日間開催
   検定・審査
(1)技能検査を主体に筆記試験等を加えた総合判定とし、日本ソフトボール協会の指名する
  青森県ソフトボール技能検定員の判定を、日本ソフトボール協会専門員科目検定委員会
  において審査されます。
(2)検定に合格した者は「準指導員」として認められ、併せて満20歳に達している者が日本体 
  育協会「スポーツ指導者」の共通科目の受験を出願することによって、同専門科目修了者
  として認定されます。 
(3)資格有効期間は4年間で4年以内に日本体育協会「ソフトボール指導員」の資格取得が
  必要です。諸事情により受講できなかった場合は、毎年、更新登録が必要です。 
2.暫定処置としての「指導者対象講習会」の開催  
   毎年、当委員会主催により1日間(6h)開催    ※詳細指導者規程・内規 参照
   講習会
(1) 学科(実技)を主体とした講習会、講師等日本ソフトボール協会の指名する
   青森県ソフトボール協会理事長・指導者委員長が指名するものが実施
(2) 講習会を修了したものに修了証が付与されます。
(3) 資格有効期間は1ヶ年で、(※条件あり)暫定につき更新登録は出来ません。
3.公認スポーツ指導者登録更新のための義務研修会  ※19年新設
   公認スポーツ指導者に対して、4年に1回の登録更新のための義務研修会を開催 
   詳細:指導者規定:※指導者必携参照  
   実施要項:講習会等 義務研修 参照 
   ※ソフトボール協会主管 参照:県体育協会の指導者研修と異なります。 必研修
    体協または県ソフトボール協会(※専門科目主体の研修会)開催のどちらを受けてもOKです
    (公財)日本体育協会は平成21年10月から「公認スポーツ指導者登録管理システム」
  上で義務研修の入力業務を完全実施し、平成21年10月から登録者 
  に対し登録更新のルールを完全に実施する平成21年10月以降研修実績が「無」
  となっている場合は更新手続きの書類が送付されないことになります。
  受講しないと資格の喪失になります。要注意です。
  
4.青森県ジュニア育成研修会事業終了   ※H28年からGEMの体制に移行
 
5.上級指導者養成講習会開催  ※講習会等開催要項参照
 
6.指導者伝達講習会
  毎年実施される全国指導者中央研修会後の伝達講習
7.その他
  広報・情報提供
   青森県ソフトボール協会指導者委員会ホームページ及び協会支部等を通じ講習会の開催等
  をご案内(依頼)