コバネアオイトトンボ

均翅亜目 アオイトトンボ科 アオイトトンボ属
本種は青森県の最重要希少野生生物(Aランク)に指定されている(2010年)

青森県:六ヶ所村、深浦町

                                                           羽化したばかりのコバネアオイトトンボ♀

体節が明瞭だったのでモノサシトンボかなとおもったが、羽化したばかりのコバネアオイトトンボ♀だった。
2009年8月8日 六ヶ所村・市柳沼そばの小湿地  Olympus E-30+望遠レンズ
市柳沼そばの小湿地はその後乾燥化が進み、コバネアオイトトンボは姿を消した。その様子はドキュメンタリーへ。



青い金属光沢が無いので、しげしげと見たら、羽化したばかりのコバネアオイトトンボ♂だった。
2005年8月2日 六ヶ所村・市柳沼そばの小湿地



マイコアカネに続いてコバネアオイトトンボ♂に出合った。
尾端の形状が判る写真で、いい写真だね。
2016年8月27日 深浦町・山間の湿地



青森市に生息していたコバネアオイトトンボ
トンボ仲間のN さんと現地で落ち合い、コバネアオイトトンボのいる場所に案内してもらい、探索をお願いした。
県内では生息地がわずかな種な貴重なトンボが、青森市に生息していることは奇跡に近い。
2014年9月3日 青森市・某所


上の写真をトリミングして大きくした画像。確かにコバネアオイトトンボだね。





コバネ(小翅)と言っても、見てすぐ判るほど翅が小さいわけじゃない。飛び方や体色はアオイトトンボに似ています。
横から見る翅胸の紋様がアオイトやオオアオイトとは異なっています。
2004年9月16日 六ヶ所村・市柳沼そばの小湿地




コバネアオイトトンボのペアと確認のために撮ったオスの尾端。アオイトトンボとは大分違う。
2004年9月16日 六ヶ所村・市柳沼そばの小湿地



                                                                     コバネアオイトトンボ♀

コバネアオイトトンボのメス
海岸域でオナガアカネを探しての帰り、湿地で撮った。マイコアカネにも出合った。
2009年10月1日 深浦町・山間の湿地 Olympus E30+マクロレンズ



上の写真と同じ日に撮ったオス。
2009年10月1日 深浦町・山間の湿地



                                                         コバネアオイトトンボ♂

オナガアカネを狙って深浦町までやって来たが、帰りは遠回りして湿地を訪れ撮った。
2009年10月5日 深浦町・山間の湿地  Olympus E30+マクロレンズ