チョウトンボ

不均翅亜目 トンボ科 チョウトンボ属
青森県:つがる市、おいらせ町 蓬田村 宮城県:東松島市 福島県:相馬市

                                                              羽化したばかりのチョウトンボ♀

アオヤンマを探しながら歩いていると、羽化したばかりのチョウトンボにひょっこり出会った。
思わず顔がほころんだ。まだ固まっていない翅のためか黄金色に光っている。
2005年7月4日 つがる市・冷水沼 Sony DSC-F828


                                                                        チョウトンボ♀

広角で岩木山を入れて撮ったチョウトンボ♀
微風を受け、翅を傾けた。良く撮ってねと言っているようだ。いいモデルだね。よしよし。
2013年7月13日 つがる市・冷水沼




大きな写真と同じ個体。微風が吹いて翅が傾く前の状態です。
2013年7月13日 つがる市・冷水沼




オオセスジイトトンボを探して葦の茂みに入っていったら、黒いのがヒラヒラ。
葦が邪魔して離れた位置ではいい写真が撮れず、近づいてようやく物にした。
羽化はまだと思っていたので、うれしくなった。チョウトンボはこれ1頭のみだった。
2003年7月14日 つがる市・冷水沼



強い風絵の中で、青空を背景に飛び回るチョウトンボ。
2014年7月20日 つがる市・冷水沼




葦原で1頭だけ見たチョウトンボ。
2003年7月23日 秋田県大館市・芝谷地湿原




尾端に卵塊をつけているメス
翅を開いて止まるので、横からの写真が撮れない。最後の手段としてネットで捕獲し、手で持ったまま撮った。
翅や胸が太陽光線の反射で光るように、角度を決めた。
2002年7月27日 つがる市・冷水沼


農道の地面上を2頭のチョウトンボが戯れるように飛んでいるところ。
2008年7月30日 つがる市・冷水沼




チョウトンボは近年県内で生息地を広げていて、この木内内堤にも定着していることが確認された。
2002年8月6日 おいらせ町・木内内堤



                                                              チョウトンボ♂


フラッシュを使って撮った静止するチョウトンボ♂。
通常のまま撮ると、翅や胴が真っ黒に撮れてしまうので、光量を大きくしてフラッシュで撮ってみた。
トリミングした写真でを見ると、体や体毛の微細な構造がよくわかる
2017年8月15日 つがる市・冷水沼


上から撮った飛翔中のオス
2017年8月15日 つがる市・冷水沼




岸辺の大きな柳の木の周りでチョウトンボが飛び回っていた。
遅ればせながら、今年初の写真です。 チョウトンボの翅は傷んでいた。
20216年8月27日 つがる市・冷水沼南岸