コシボソヤンマ

不均翅亜目 ヤンマ科 コシボソヤンマ属
本種は青森県の重要希少野生生物(Bランク)に指定されている(2010年)

青森県:青森市、八戸市 宮城県:村田町

                                                          羽化したばかりのコシボソヤンマ♂

渓流のそばを通る小道で、草につかまって羽化したコシボソヤンマ♂に出合った。
川から離れていて、木漏れ日が当たる木陰の所だった。
2011年7月11日 宮城県村田町・町内の渓流 Olympus E-3+マクロレンズ



                                                                  コシボソヤンマ(未成熟)

予想通り午後7時を過ぎて飛び始めたコシボソヤンマ。まだ成熟していないので複眼が茶色だ。(17時14分)
2007年7月30日 青森市・岩渡の小川  Sony DSC-F828




黄昏飛翔をするコシボソヤンマを観察しようと、まだ明るい午後6時半頃現場に着いて
樹の陰に止まっていないか探しながら、暗くなるのを待った。
周りの景色の判別が難しくなった7時頃、突然水面を飛ぶトンボが現れた。
その数はみるみる増えて、狭い水面を狂奔しているような感じになった。
先ずはカメラに収めようと採集したら、コシボソヤンマに間違いなかった。
2006年7月31日 青森市・岩渡の小川


前日、コシボソヤンマが多数集まって飛び回っていた、流れのほとんどない広い水面の場所。
この日も7時過ぎになって、多数のコシボソヤンマが水面を乱れ飛んだ。とても寒かったが影響はないようだ。
2006年8月1日 青森市・岩渡の小川



午後7時10分になってやっとコシボソヤンマが現れた。
写真は暗くなってきた7時19分に撮った未成熟コシボソヤンマ。
2012年8月1日 青森市・岩渡の小川



コシボソヤンマ♀
トンボ仲間を案内して下流に来たら、ヨタヨタ飛んでいるトンボが現れ、近くの草に不器用につかまった。
きっと羽化間もない個体で、飛び方が下手だったのでしょう。新井田川では初観察だ。
2011年8月7日 八戸市南郷・新井田川



コシボソヤンマを観察した加藤沢沼から流れ出る水路の風景


久しぶりに撮ったコシボソヤンマの飛んでいる姿。
今月は八戸市南郷の新井田川で撮り、さらに青森市内のじゅんさい沼そばの水路で観察した。
2011年8月9日 東通村・加藤沢沼周辺



午後5時を過ぎて飛び始めたオス。 複眼が青みを帯びてっきた。
2015年8月11日 青森市・岩渡の小川




暑い日は夕方から出かけるに限るとばかり、コシボソヤンマを撮りにやって来た。
この日は6時25分に現場に着いたが、すでにコシボソヤンマが飛んでいた。

今までの写真では複眼が茶色に写っていたが、今回はどれも青く輝いていた。成熟による変化と思われる。
また、目の前でオスがメスを捕まえて繋がり飛び去ってゆくのを2回観察した。
2006年8月20日 青森市・岩渡の小川


稲の穂が少し垂れてきた、小川のそばの水田
2008年8月27日 青森市・岩渡の小川



                                                                        コシボソヤンマ♂

青い目のコシボソヤンマ♂。 この日は6時15分頃から飛び始めた。
2008年8月27日 青森市・岩渡の小川 Sony DSC-F828




同行のI さんが採集したコシボソヤンマの幼虫。手のひらの上で死んだふりをしている。
右の小さい幼虫も一人前に死んだふり。
外にルリボシヤンマの幼虫、魚ではドジョウ、シマドジョウ、アブラハヤが採集された。
2005年9月10日 青森市・岩渡の小川


水面近くをパタパタと飛び、トンボが樹木の奥の木陰に止まった。 おや!? 変なトンボだぞ・・・。
早速カメラを構えてファインダーを覗くと見たことのないトンボだ。ストロボを使い写真を撮りながら
川の中に入って背面に回ると、くびれた胴が見えてきた。 こりゃコシボソヤンマだ!
ストロボのせいもあるが、翅は不透明になり、体も汚れた感じで羽化後相当日数を経たメスのようだ。
2005年9月10日  青森市・岩渡の小川


9月4日に発見したコシボソヤンマの生息地。岩渡の小川からそれ程遠くない場所だ。
今まで草や潅木に隠れていたが、整地されたら小川が現れた。

川面を飛行するコシボソヤンマ♂
2008年9月13日 青森市・じゅんさい沼の奥