ヒメサナエ

不均翅亜目 サナエトンボ科 ヒメサナエ属
本種は青森県の最重要希少野生生物(Aランク)に指定されている(2010年)

青森県:外ケ浜町、平川市

                                                                         ヒメサナエ♀

ヒメサナエ♀
川から離れた木陰の草むらにひっそりと休んでいた。(ストロボ使用)
2006年8月9日 外ケ浜町・山間の渓流  Sony DSC-F828



帰る途中、下流で羽化したヒメサナエが飛ぶのを目撃した。 そこでUターンしていつもの観察場所に戻った。
ゆっくり川を渡って対岸に着き、ふと枯葉が集まった場所に眼をやったらトンボがいる! 羽化中だ!
写真は羽化中のヒメサナエを撮り始めて、しばらくたってから周りの風景を撮ったもの。
中央の少し右上にヒメサナエがいる。
2016年7月16日 外ヶ浜町・町内の渓流


飛び立つ直前の姿。 10時32分
羽化の様子は「羽化の観察へ」に掲載しています。
2016年7月16日 外ヶ浜町・町内の渓流



お目当てのヒメサナエは見つからず、岸辺に腰を下ろして休んでいた。ふと、岸辺の草むらに眼をやったら、
葉の間に1頭のヒメサナエ♂を発見した。背の高い草を分けてトンボに近づいて写真を撮っていたら
飛び立って岸辺の石に移動した。1頭増えて2頭になっていた。
川の中の石が顔を出していないので、岸辺の草むらに集まっていたのでしょう。
2013年8月2日 外ケ浜町・山間の渓流


増水して水面から出ている石がないので、灌木の葉の先に止まったヒメサナエ。
2013年8月2日 外ケ浜町・山間の渓流





近くにある別の瀬を見ようと、ヤブに入ったら、小さいトンボが草に止まっていた。 あ、いたいた!
写真は瀬に行く入口の風景。(上)  ヒメサナエ♀(下)
久しぶりにメスを撮ることができた♪ 2009年8月18日にもここでメスを撮っている。
ここはメスが集まる場所なんだね。 もっと撮ろうと粘って待ったが、ダメだった。
2016年8月4日  外ケ浜町・山間の渓流


ヒメサナエを撮ろうと、津軽半島を横断し、いつもの場所へ来てみると、
上流から流れてきたのか、丸太がゴロンと鎮座していた。オヤオヤ。
2008年8月17日 外ケ浜町・山間の渓流




川辺に立ったら早速ヒメサナエ♂を見つけた。いるいる!
上:シャッターを押しながらゆっくり近づいたが、逃げないので広角で撮れた。黒い影はレンズの影。
下:真上から撮ったヒメサナエ♂
2008年8月17日 外ケ浜町・山間の渓流

                                                                小石の上のヒメサナエ♂たち

小石の上のヒメサナエ♂たち
飛翔するヤンマを撮ろうと構えていて、ふと足元を見たらヒメサナエが集まっていた。6頭いますよ。
2009年8月18日 外ケ浜町・山間の渓流  Casio EX-F1



100mほど離れた別の沢へ行く小道でメスを発見した。
2009年8月18日 外ケ浜町・山間の渓流




林道から流れが見えたので、やぶに入って進むと、日光の当たるいい環境の瀬が現れた。
ホーッ!  ここならトンボがいそうだ。
2005年8月21日 外ケ浜町・山間の渓流


                                                                          ヒメサナエ♂

石の上は日当たりがいいので、尾を上げた得意のポーズを見せてくれた。
時期が遅かったせいもあり、ヒメサナエはこの二頭だけだったが、コシアキトンボに続く新顔種となった。
2005年8月21日 外ケ浜町・山間の渓流  Sony DSC-F828


                                                                          ヒメサナエ♂

低床橋から飛び立ったヒメサナエ♂は、うまい具合に流れの中の石の上に止まってくれた。この方が雰囲気がいい。
2007年8月23日に初めて観察し、再度のチャレンジでゲットした。
ここでのヒメサナエは2004年9月4日、メス一頭が昆虫仲間のMさんにより初めて確認されている。今日は久々の再確認となった。
2007年9月4日 平川市・津刈川  Sony DSC-F828