青森ねぶた正調囃子は10種類の囃子があり、運行の状態にあわせて演奏されてきました。

しかし、近年の運行時間の制限や一定区間の囃子演奏の禁止等により、実際に演奏される囃子は、

「進行」と「戻り」だけになっています。

青森ねぶた正調囃子を聞いてみよう

お囃子の由来

笛・太鼓・手振り鉦

かけ声とガガシコ

青森ねぶた正調囃子10種

雨天中止 雨天でねぶた運行が中止になったことを知らせる。(太鼓だけで演奏)
雨上がり再開 雨天で中止になったが、その後天気が回復し、再び運行することになったことを知らせる。(太鼓だけで演奏)
集合太鼓 ねぶたの運行時間が迫ったことを知らせる。(太鼓だけで演奏)
小屋出し太鼓 ねぶたを小屋から出すときに演奏する。(太鼓だけで演奏)
出発準備 合同運行の集合場所に向かうときに演奏する。(太鼓だけで演奏)
進行 ねぶたの運行を行うときに演奏する。祭で一番よく耳にする囃子です。(笛・太鼓・手振り鉦で演奏)
小休止 休み時間に演奏する。昔は照明にろうそくを使用しており、ろうそくの交換を行った。(太鼓だけで演奏)
大休止 休み時間が長引いたときに演奏する。(太鼓だけで演奏)
戻り ねぶたの運行が終わり、小屋へ戻るときに演奏する。(笛・太鼓・手振り鉦で演奏)
小屋入れ ねぶたを小屋に入れるときに演奏する。(太鼓だけで演奏)