2012年5月8日

@宮城県仙台市・郊外にある沢

昨年ムカシトンボを観察した沢周辺を探しまわったが、羽化中のムカシトンボは見られなかった。




ヤマブキの花が咲いていた。



A宮城県大和町・ため池とその周辺

飛び立つコサナエを最初に観察したため池の風景。
この上にもう一つため池があり、そこでも羽化したコサナエを観察した。



感激しながら撮った羽化したばかりのコサナエ。
一気に舞い上がらず、タンポポに止まってくれたので写真に収めることができた。
大部分の個体は一気に空高く飛び上がるので、写真を撮れなかった。


トラフシジミが気持ち良さそうに日差しの下で飛び回っていた。




コサナエが羽化しているなら、アジアイトトンボも羽化しているだろうと近くの田んぼにやって来た。
まだ水が入っていない田のそばに年中水のある小さな池があり、トンボの住みやすい環境になっている。
しかし、羽化したイトトンボ類は見られなかった。




もう一度ため池に戻ってみると、羽化したコサナエの飛び立ちが数多く見られた。
岸辺が急なので羽化中の個体には近づけなかった。



2011年7月にオジロサナエが観察された小川の様子。ため池から流れ出ている。




グンバイトンボが生息する近くの渓流を見に行ったら、そばの公園の八重桜が満開だった。



宮城県栗原市・ため池周辺

5月下旬にはトラフトンボが観察されるため池の風景。トンボ類はまだ見られなかった。




2番目の池を見た帰り、今まで足を運んでいなかった、道路から離れたため池に行ってみたら、
池の縁の草むらの中にニホンカワトンボを見つけた。羽化したばかりの個体だった。



岩手県北上市・ため池周辺

曇って暗くなったため池の風景。トンボ類は見つからなかった。




タニウツギの赤いつぼみがふくらんで、もうすぐ咲きそうだ。青森市とくらべ大分早い。