[狭山事件をみんなで考えましょう]トップへ




手錠をかけられて取り調べを受ける石川さん
(逮捕当時某記者が隠し撮りしたものです)



1963.5.1中田善枝さん下校後行方不明に。自転車と脅迫状が自宅に届く。
5.2深夜、指定された佐野屋周辺に警察が張り込む。犯人があらわれるが逃走し、取り逃がす。
5.3山狩り捜査開始。自転車のゴムひも「発見」。
5.4善枝さんの死体発見。警察庁長官辞表提出。
5.11スコップ「発見」。死体埋没に使用されたもので被差別部落出身のIさんの養豚場のものと警察発表。(Iさんへの確認は5月20日)
5.23石川一雄さん(当時24歳)が別件で逮捕される。第1回家宅捜査(2時間17分、刑事12人)
5.25教科書・ノート類「発見」。
6.17石川さんを保釈直後に再逮捕。川越署分室に移送。
6.18第2回家宅捜索(2時間8分、刑事14人)。
6.20「3人共犯自白」(調書の日付改ざん疑惑あり)。
6.21カバン「発見」(同上)。
6.23「単独犯行自白」開始(同上)。
6.26第3回家宅捜索(24分、刑事3人)万年筆を「発見」押収。
7.2腕時計「発見」。
7.9石川さん、善枝さん殺しで起訴され、浦和拘置所へ移送。
9.4第一審第1回公判(浦和地裁)。石川さん「約束」を信じて起訴事実認める。
1964.2.10第11回公判。原検事、死刑を求刑。
3.11第12回公判。内田武文裁判長、死刑判決(内田判決)。石川さん、看守にからかわれ「俺はバカじゃない」と翌日控訴。東京拘置所に移送。
9.10第ニ審第1回公判(東京高裁)。石川さん、入間郡水平社荻原佑介に励まされ、善枝さん殺しを一転否認、無実を訴える。
1970.5.18石川さんの無実を訴え「部落解放国民大行動」。世論動く。
1974.9.26石川さんの無実を訴え日比谷公園に全国から11万人が結集。
1974.10.31東京高裁(寺尾正二裁判長)無期懲役判決(寺尾判決)。「これはペテンだ!」と山上弁護人叫ぶ。千葉刑務所に収監される。最高裁へ即日上告。
1977.8.9最高裁第二小法廷(吉田豊裁判長)口頭弁論もおこなわず上告棄却無期懲役確定
8.30東京高裁に第一次再審請求
1980.2.5東京高裁第四刑事部(四ツ谷裁判長)再審請求棄却決定。
2.12東京高裁へ異議申し立て。
1981.3.23東京高裁第五刑事部(荒関裁判長)事実調べを一切おこなわず異議申立棄却
3.30最高裁へ特別抗告
7. 東京高検が証拠開示(小名木証言など重要な新証拠発見)。
1985.5.27最高裁第二小法廷が特別抗告棄却
1986.8.21東京高裁に第二次再審請求
1988.9.2東京高検が芋穴のルミノール反応検査報告書を証拠開示。芋穴に血痕はなかったことが判明。その他の証拠開示は拒否。
1991.8.20全国の81人の法学者が事実調べを求める署名を提出。
1992.7.7元刑事の新証言(「家宅捜索時に鴨居に万年筆はなかった」)が明らかに。
1994.12.21石川一雄さん仮出獄。31年7カ月ぶりに故郷の土をふむ。
1996.12.21支援者早智子さんと結婚
1998.10.28〜29ジュネーブの国際人権規約委員会で狭山事件の証拠開示について質問。
11.6国際人権<自由権>規約委員会が最終見解で「弁護側がすべての証拠にアクセスできるよう法律および実務を改めること」を勧告。
12. 狭山現地に石川さん宅お勝手・カモイが復元。弁護団は東京高裁に現場検証を要求。
1999.3.23弁護団が東京高検の検察官と証拠開示について折衝。証拠リストおよび未開示証拠が多数存在することを確認。
6.10東京高裁に齋藤鑑定提出。
7.8東京高裁第四刑事部・高木俊夫裁判長が再審請求棄却
7.12弁護団が東京高裁に異議申立書提出
2000.3.3弁護団が東京高検の麻生検事と証拠開示の折衝。未開示証拠は(積み上げれば)2〜3メートルぐらいと述べる。
3.31弁護団が東京高裁第五刑事部・高橋省吾裁判長と面会。異議申立補充書、新証拠を提出。
4.1東京高検の担当検事が麻生検事から松本検事に。
6.28弁護団が東京高検の江幡検事と折衝。(6月に担当検事が松本検事から江幡検事にまた交代)
8.2高橋省吾裁判長と面会。9月末には狭山再審弁護団新証拠を提出。
9.26狭山弁護団が新鑑定提出へ。
10.31狭山事件の再審を求める中央集会(日比谷野外音楽堂)。
2001.2.13東京高検の担当検事が交代(江幡検事→杉本一重検事 會田検事以来7人目)
10.31狭山事件の再審を求める中央集会(日比谷野外音楽堂)。
2002.1.23東京高等裁判所刑事第5部の高橋省吾裁判長再審棄却決定
1.29「東京高裁の棄却決定は到底納得できない」として、最高裁に特別抗告
2003.5.235・23不当逮捕40ヶ年糾弾中央総決起集会(日比谷野外音楽堂)。
9.30特別抗告補充書提出(最高裁第一小法廷)。
12.10狭山裁判主任弁護人山上益朗氏ご逝去(74)。中山武敏氏主任弁護人となる。
2004.3.23故山上益朗氏の遺志を受けつぎ補充書提出。
2004.7.1旧文化人の会と解放同盟がタイアップし、再審を求めて100万人署名運動開始。
2004.10.29弁護団第五補充書(特別抗告補充書)を最高裁に提出。
2005.3.16最高裁第一小法廷・島田仁郎裁判長特別抗告棄却決定。第二次再審請求に幕(18年7ヶ月)。
2005.9.1再審を願い、狭山再審リボンキャンペーンはじまる。
2006.5.23東京高裁に第三次再審請求
2008.5.23東京高裁に新証拠提出。再審を厳しくせまる。
2008.10.15国連自由権規約委員へのブリーフィング(スイス・ジュネーブ)。石川一雄さん世界に無実を訴える
2009.8.31自民敗退、民主圧勝。54年ぶりに政権交代。(2012年衆議院選挙、2013年参議院選挙で自民圧勝、民主惨敗)
2009.9.1032年ぶりに三者協議(東京高裁)。弁護側が開示を請求している検察側の証拠が実在するかどうか、10月末までに明らかにするよう裁判所が検察側に求める。
2010.5.1322年ぶりに検察が36点の証拠を開示。石川さんの「自白」録音テープ9点や自筆領収書など。ルミノール関係は「不見当」。
2013.10.17弁護団、東京高裁に「手拭い関係新証拠」を提出。併せて証拠開示勧告を申し立て。

[BACK] [NEXT]