新築、リフォーム、オール電化、バリアフリーなど、住みよい住まいを提供する喜多山工務店

喜多山工務店

HOME > 工法について
Method

しっかりとした基礎が基本。

たとえば・・・地盤調査

外から見ただけでは判断できない地盤の状態。第三者機関による地盤調査・分析、そして報告書を受け、地盤にかかる荷重を総合的に考慮し、その状況に応じた基礎補強や地盤改良工事を実施します。


たとえば・・・地盤改良 ( ハイスピ−ド工法 )

http://hyspeed.co.jp/

天然砕石のみを材料に使用した地球に優しい天然砕石パイル工法


たとえば・・・地盤保証(オ−ガニック地盤保証 BIOS ビオス)

http://www.jfs-kyokai.jp/bios.html

『環境に優しく、資産価値の高い地盤を保証』 最長30年&最高5,000万円の保証をします。


たとえば・・・基礎一体打

建物は基礎の上にある。
しっかりと家を支えるための、しっかりとした基礎が必要です。

建物はなんといっても基礎が大事。一般的には、ベース部と立ち上り部を2回に分けてコンクリートを打ち込みますが、どうしても接合部の強度が低下します。
ベース、立ち上りを一度にコンクリート打設するので、強度の低下を防ぎ、工期の短縮にもつながります。

ページトップ▲

安心の住まいは高強度と住宅性能の両立から。

たとえば・・・木造軸組金物工法 ( テックワン )

http://www.tatsumi-web.com/new-site/tec-one.html

木造軸組の「継手」「仕口」部分(アリ・カマ・ホゾ等)をアゴ掛金具・ホゾパイプなどの金具に置き換えボルトとドリフトピンで緊結する【接合金具】工法です。

木造軸組金物工法 ( テックワン )

★ 特徴 ★

  • 木材の加工欠損が少なく耐力が大幅にアップ
  • 寸法精度の向上。
  • 木材を落とし込んでピンを打つだけの簡単施工により、 現場の作業性が向上。
  • 金具が木材の中に納まるため、断熱材・パネルなどがスッキリと納まる。
  • 構造材の完全部材化も可能で、施工の合理化に貢献。
ページトップ▲

[天井] 「夏を涼しく、冬を暖かく」を実現する

天井には、高性能を誇る吹込み用ロックウール断熱材200ミリを使用。指定工事店による志向が複雑な小屋裏でも、隙間のない均一な吹込みができます。そのため、高気密・高断熱住宅にも最適です。北海道や寒冷地では、居室内の熱を逃さず、温暖地では夏季高温となる小屋裏から居室への熱を遮断します。その断熱効果により冷暖房費の削減に貢献します。

[壁] とことん性能にこだわる

内外両面壁断熱工法

目に見えない部分に、贅沢なまでに手間をかけます。

室内側、クロス下地材(石こうボード)下に防湿気密シートを施工する事により、柱厚(105ミリ)24kg相当の高性能グラスウール断熱材への湿気の進入を防止。さらに外部に20ミリのポリスチレンフォーム3種を併用する二重断熱の内外両面断熱工法を取り入れています。その外部側には透湿防水シートを施工します。これによりさらに断熱性、気密性、防水性がアップしました。

腐食からしっかりと家を守る

通気層工法

正しい通気層工法。それ以外では腐食を防ぐことはできません。

家の腐食を防ぐには通気層工法が必要不可欠です。しかし、その通気層工法にも大きな落とし穴があることをご存知ですか?数ある通気層工法の中には間違った工法も少なくありません。大切な住宅を少しでも長持ちさせるためにしっかりとした知識を持って、正しい通気層工法で施工する事が重要です。

高耐久性木質外壁
(オプション)

ウェスタンレッドシダー(米杉)は針葉樹の中でも最も優れた耐腐朽性を形状安定性を持ち、北米で多く使われています。濃褐色から淡黄色までの色味の濃淡が味わい深い表情を作ります。

樹脂製サイディング

  1. 外装材唯一の30年保証
    柔軟で衝撃や雪圧による凹みやひっかき傷にも強い。
  2. オープンジョイント工法で低価格
    ジョイント部分が重ね施工のためシーリングが不要。
  3. 美しい外見
    塗装では実現できない、立体感のある外観。
  4. お手入れが簡単
    万一傷付いてもその部分だけ交換が可能。
  5. 住まいにやさしい
    工事廃材はリサイクル可能。

[床] 断熱効果と高強度を両立する

床断熱[押出法ポリスチレンフォーム3種]

厚さ100ミリ。地球温暖化の原因となるフロンガスを全く使わず、人にも地球にもやさしいとってもエコロジーな素材です。

健康・安全性
省エネルギー
高断熱
耐水性
自己消火性

快適な住まいに不可欠な5つの住性能を備えた理想の断熱材です

フロア下地[ネダノン]

厚さ28ミリ。地震に対する性能(水平構面としての性能)、ネダうち(N75釘感覚150ミリピッチ)+12ミリ構造用合板の3倍の強度が得られ、たわみが減少し、特に歩行によるたわみは大幅に小さくなります。
また、これにともなって床鳴りが発生しにくくなります。シックハウス症候群対応の低ホルム合板。

ページトップ▲

豊かな生活を支えるクリーンな水を。

たとえば・・・ヘッダー配管システム

http://www.qso.co.jp/seihin/okunai.html

水周りのご心配はいりません。
安心な水をお使いいただけます。

従来の給水・給湯配管として使われている鋼管に比べて、耐久性、耐熱性、更に、保温性に優れた効果を発揮する保温材付架橋ポリエチレン管を使用し、床下に設置されたヘッダから各給水・給湯栓まで、タコ足状に配管するシステムです。

ヘッダ配管システム
ページトップ▲

暮らしのドラマはここから始まる。

たとえば・・・木製断熱玄関ドア

高性能の断熱材中心の多層構造。
細部の気密性が断熱効果を発揮します。

注入発泡ウレタンフォームをはさんで数枚の単板を重ねた、厚さ65mmの多層式断熱構造。三層ガラスの窓、シリコンゴム使用の戸当たりゴム、ドア木端を逆勾配にしてエアーポケットを作り雨や粉雪を防ぐなど、細部の気密性を高め、断熱効果をさらにアップ。またスチール芯を通してドアのそりを防止しました。この他防犯機能の充実とともに、木製ドアの強度と美しさを保持するための気配りに富んだ設計です。

木製断熱玄関ドア
ページトップ▲

暖房の効果が驚くほど違います。

たとえば・・・高性能断熱複層サッシ

断熱樹脂サッシはガラスが二重になっているので保温性、防音性が違います。

高性能断熱複層サッシ

LOW-E複層ガラス
一般の単板ガラスに比べ、断熱効果が約2倍。また、室内側のガラスに、熱を反射する性質を持つ、特殊金属膜をコーティングしました。コーティングしたガラスは室外の太陽光は取り込み、室内の熱が外へ放出するのを防ぎます。

オール樹脂フレーム
アルミに対して熱伝導率が約 1/1000 と、熱を伝えにくいのが特徴です。屋外が冷えている場合でも「冷たさ」が室内に伝わりにくくなります。

ページトップ▲

世界にひとつだけの住まいを。

たとえば・・・オーダーメイド建具

職人の手による世界でひとつだけの建具を。

室内の木製建具はデザイン、サイズ、ノブ等金具、面材等、トータルコーディネートできます。

ページトップ▲

ワンランク上の安心と快適をお届けします。

たとえば・・・24時間計画換気(第一種熱交換型)

健康的な住まいの環境をつくり続けます。

高性能住宅を建てるなら、計画換気が必需品です。当社の換気システムは、気密性の高い住まいの特性を活かし、機械による熱交換をしながらの給排気です。汚れた空気を戸外へ排出し、24時間室内温度を変えることなく新鮮な空気を取り入れるシステムです。それにより各居室はいつもクリーンでフレッシュな空気に24時間計画換気は住まいの空気の質を高めます。

ページトップ▲