→園主コメント


NEWS
弘前圏域8市町村
農産物安全性アピール
2011年10月13日付け東奥日報より抜粋)

『弘前市など弘前圏域8市町村(弘前市、黒石市、平川市、板柳町、大鰐町、藤崎町、田舎館村、西目屋村)は12日、東京電力福島第1原発事故による風評被害の払拭に向けて、圏域内の農産物から放射性物質が検出されず安全が確認されたとして、「安全性アピール」を共同で行なった。(中略)圏域内で、県のほか、弘前市や平川市、板柳町が独自に行なった延べ169回のモニタリング調査で、農産物から放射性物質検出されていないことを説明した。(以下略)』


尚、当園においても収穫果実に含まれる放射性物質について、独自に検査してもらいました。測定結果はこちら
検査依頼機関「社団法人 青森県薬剤師会衛生検査センター」



当園は『HAPPY』を経営のテーマとし、

Happy Fruit Promoterとして、新たな工夫をご報告できることを楽しみにしております。


2011年産りんごジュース「天然果汁」販売中。
貯蔵試験中の新品種に関しては状況を見て限定販売を予定しています。

産直案内のページはこちら


栽培管理記録簿(トレーサビリティ)

2012年分はこちらへ


に気ままに投稿中!!



ジグザグnikki
りんご園をひたすら歩き回る日々の作業の中で、ちょっぴり自慢したくなるような話題を紹介。
★☆私のこだわり「りんご樹の仕立て方と樹形」☆★
パルメット仕立て(2011年10月14日)
交互斜立仕立て(2011年10月5日)
矮化開心形

★☆5号園レポート☆★

2012年投稿
◆◇ひたすら耐えるのみ◇◆
◆◇2012年豪雪の記録◇◆

2011年投稿
◎◎減農薬に新たな敵◎◎
◎◎漸く、ふじ開花、そして人工授粉へ・・・◎◎
◎◎いまどき風景(春間近)◎◎
◎◎東日本大震災に際し◎◎
◎◎大雪!かな?◎◎
◎◎思いがけず、たまには読書◎◎

2010年投稿
★☆新規導入機械「チッパー」利用
〜循環型リンゴ栽培一歩前進☆★

★☆周辺の光景(4/28サクラ開花)☆★
★☆がんばれマメコ!!2010年☆★
★☆いつの間にか霜にやられて・・・☆★
★☆ボチボチ旱魃ぎみです(6/14)☆★
★☆ジョナゴールド異常落果とトンボ初見☆★
★☆木村りんご園の動物王国☆★
★☆完熟!葉取らず紅玉への挑戦☆★



jiron-yajiron
りんごはもとより農業を通して、もっとみんなが幸せになれるようにと希望を持ちつつ、時々立ち止まって辺りを見回し、勝手気ままな持論を展開するコーナー。
TPP反対にキレイゴトは要らない(2011年11月記)

原子力を選んだ青森県(2011年6月記)

☆合理化の不合理〜地方からの再生を!〜(2011年3月記)

基本に帰るということ(2011年1月記)

成るか 葉取らずリンゴの一般流通化(2010年8月29日記)

☆宮崎県口蹄疫問題に思う(2010年5月24日記)

☆『りんごを楽しもう!地域経済の復活の鍵』(2007年弘前大学同窓会報寄稿文/PDF)

☆ここに眠るキラリと光る原石(ヤンマー学生懸賞論文第20回記念作品集寄稿文/PDF)

☆缶コーヒーに学ぶりんご品種考
(HPオリジナル/PDF)


 本州最北の県、北国青森には田舎ならではの魅力が満載!
 近年では商業地域が郊外化してきていますが、農業はまだまだ主要産業の座を譲れませんよ!
 豊富な温泉と心の安らぎ田園風景に加え、何を言ってるか理解不能な「津軽弁」を堪能してみたい方はどうぞ足をお運び下さいませ。農作業体験に興味のある方もどうぞ。

 かつては当たり前のようにあった活気ある農村の風景。人と自然が調和した風景が農村だとしたら、もはや価値ある貴重な風景になりつつあります。
 猫も杓子も大都会へ流れる時代ではありますが、地方にはまだまだ元気な仲間が奮闘しています。人間の心を揺さぶる農村風景を守っていきましょう!

お問い合わせお待ちしております。


★☆★☆ 栽培履歴 トレーサビリティ ☆★☆★



Message FORM
メッセージフォームを作成しました。
当サイトへのお問い合わせはこちらからお願いします。

                    
 木村りんご園のトップページへ