東北地方の
トンボ

現在

東北産91
飛来種2

2020年版



 アドレスは
tomboy@
jomon.ne.jp
 トンボの写真館へ
トンボの撮影日記へ
 トンボの情報、
 資料室へ
TOPページ集
青森の風景、花
生きものたちへ
 HPについて
 カメラ、リンク


早春の昆虫たち
3月19日、4月中旬の陽気に誘われて、郊外を回ってみた。
最初はオツネントンボを期待して昭和大仏そばの里山へ。いつもの場所に来てみると
時々冷たい風が吹いているせいか、オツネントンボは見られなかった。
それでも、冬眠を終えた数頭のクジャクチョウが元気よく飛び回り、カメラの対象になってくれた。
上段がクジャクチョウと咲き始めた可憐なオオイヌノフグリの花。

諏訪沢の奥に行けばルリタテハに会えるかもと行ってみたがダメだった。
帰りにため池のそばで小さな蛾を撮った。翅をばたつかせて這いまわっていた(下左)。
さらに、車窓から、薄黄色の蝶が見えたので下りて撮ったら、スジボソヤマキチョウだった(下右)。

家に帰ってから小さい蛾の名前を虫仲間に訊いたら、クロフカバシャクとのこと。
Webで調べたら、青森県で最近確認された珍しい蛾であることが判った。
何気なく撮った蛾が貴重な種と判り、
今年は何かいいことがありそうと言う気分になってきた。貴重なトンボが撮れるかも・・・・。


ホームページ開設 2002年2月15日
2020年3月21日更新 次は4月4日の予定
このHPはリンクフリーです

(注) トンボの素顔は複数のホームページで構成されています。
各HPが更新していない場合や、写真の表示に乱れがある場合は
パソコンの「最新の情報に更新」あるいは渦巻形のマークをクリックしてご覧ください。