青 森 市 内 ト ン ボ 採 集 記 録

(和名の*印は青森市以外  記録:五十嵐正俊    2004. 7. 17. 現在)


トンボやトンボのヤゴ採りで遊んだ少年時代を想い出し、青森市内で見られるトンボ類のチェックをやっております。青森県で記録されたトンボの種数は82種「青森県のトンボ類’77」:奈良岡弘冶著、1977.4.1.)(その後の確認種を入れて現在は86種)と言われますが、環境の変化などで種数も個体数も減り流水棲のハグロトンボなど平野部ではほとんど絶滅したと思われる種類もあります。
とりあえず1999年7月以降に青森市内でチェックできた種類を掲載しております。

* 印は青森市以外での確認種です。

太字は三内「リバ-ランド沖舘」で記録された種類です

2003年以降も逐次補完していく予定です。

               均翅亜目 Zygoptera Selys

               イトトンボ科 Coenagrionidae Munz

キイトトンボ        Ceriagrion melanurum Selys  1999.7.19. 三内(幼・成虫)○
モ−トンイトトンボ   Mortonagrion selenion Ris 2001.8.5. 三内遊水地(高橋克成さん撮影)○
マンシュウイトトンボ* Ischnura elegans elegans Van der Linden 2001.7.8.内沼で高橋克成さん撮影
アジアイトトンボ     Ishmura asitica Brauer  1999.9.2.石江(成虫)ほか、三内、新城○
ルリイトトンボ*      Enallagma boreale circulatum Selys 2001.8.5.宇曾利湖で高橋克成さん撮影
クロイトトンボ     Cercion calamorum calamorum Ris  1999.7.9.岩渡沼(幼虫)ほか、森の広場、沢山○
セスジイトトンボ      Cericion hieroglyphicum Brauer  1999.7.6. 森の広場(成虫)
オオイトトンボ      Cercion sieboldii Selys  1999.7.8.三内遊水池(成虫)ほか、岩渡沼。田代湿原、新城○
オオセスジイトトンボ*  Cercion plagiosum Needham   1998.6.29.ベンセ湿原 (成虫)蝦名氏採集
エゾイトトンボ        Coenagrion lanceolatum Selys   1999.7.4.森の広場(幼・成虫)○
オゼイトトンボ      Coenagrion terue Asahina  1999.7.4.森の広場(幼虫)ほか、田代○
モノサシトンボ      Copera annulata Selys  1999.7.4.森の広場(幼虫) ほか、岩渡沼、沢山、新城○
アオイトトンボ       Lestes sponsa Hansemann   1999.7.5.三内遊水池(幼虫)他、沢山、合子沢観察小屋○
オオアオイトトンボ   Lestes tennporalis Selys  1999.7.9.岩渡( 成虫)他、森の広場、ベンセ湿原○
オツネントンボ     Sympecma paedisca paedisca Eversmann  1999.野内(成虫)
ホソミオツネントンボ    Indolestes peregrinus Ris   2003.7.17.青森市合子沢 高橋克成さん撮影

               カワトンボ科 Calopterygidae Buchecker

ミヤマカワトンボ    Calopteryx cornelia Selys 2002.7.26.根井川上流、高橋克成さん撮影
ハグロトンボ*      Calopteryx cornelia Selys 2001.7.14.内沼で高橋克成さん撮影
アオハダトンボ*    Calopteryx japonica Selys 2004. 
ヒガシカワトンボ     Mnais ptuinosa costalis Selys  1999.7.24.沢山渓流(成虫)、ほか天田内、沖舘川

               ムカシトンボ亜目 Anisozygoptera Handlirsch

ムカシトンボ       Epiophlebia superstes Selys  1998.6.新城空沼源流 (幼虫)ほか各地渓流

               不均翅亜目 Anisoptera Selys

               サナエトンボ科 Gomphidae Banks

ミヤマサナエ*     Anisogomphus maacki Selys 2002.6.16.野辺地川(ヤゴ)
コサナエ         Trigomphus melampus Selys  1999.7.5.森の広場(成虫 )丸
ダビドサナエ       Davideus nanus Selys  2002.5.17.羽化(合子沢)
モイワサナエ      Davideus moiwanus moiwanus Okumura  2000.5.19.天田内川(羽化)
クロサナエ        Davidius fujiama Fraser  2000.5.27.合子沢(羽化)
ヒメクロサナエ      Lanthus fujiacus Fraser  1999.4.26.根井川(幼虫)
コオニヤンマ*      Sieboldius albardae Selys  1999.8.28. 三戸熊原川 (幼虫)、2002.6.16.野辺地川


               オニヤンマ科 Cordulegastridae Banks

オニヤンマ        Anotogaster sieboldii Selys  1999.7.9.岩渡、ほか各地○

               ヤンマ科 Aeshnidae Rambur

コシボソヤンマ      Boyeria maclachlani Selys  1998.8.5.岩渡(幼虫)、2003.6.14.青森市朝日山、沖舘川
ミルンヤンマ         Planaeschna milnei (Selys)  2001.脇野沢山間渓流、浅虫(成虫)
アオヤンマ        Aeschnophlebia longistigna Selys 2003.4.1.三内遊水地(幼虫)
マダラヤンマ         Aeshna mixta Latreile  1999.8.30.三内 (成虫)○
ルリボシヤンマ      Aeshna junncea Linnaeus  1999.8.29. 合子沢○
オオルリボシヤンマ   Aeshna nigroflava Martin  1999.7.10.三内 (幼・成虫)ほか、沢山、新城○
クロスジギンヤンマ    Anax nigrofaciatus nigrofaciatus Oguma 1999.7.4.森の広場(成虫)、新城○
ギンヤンマ          Anax parthebope julius Brauer  1999.6.29.三内遊水池 (幼虫)ほか、石江笹森沼

               エゾトンボ科 Corduliidae Karsch

オオトラフトンボ     Epitheca bimaculata sibirica (Selys) 2000.5.5. 青森市新城森の広場(幼虫)、夢の森
タカネトンボ        Somatochlora uchidae Foerster  1999.8. 野内(成虫)、2003.5.18.青森市奥内(幼虫)○
カラカネトンボ      Cerdulia aenea amurensis Selys  2000.6.19.田代高原(成虫)
コヤマトンボ       Macromia amphigena amphigena Selys  2000.9.5.青森市新城川(幼虫)、沖舘川
オオヤマトンボ*     Epophthalmia elegans Brauer 2002.6.18. 4月に採集した小川原湖産の標本確認

               トンボ科 Libellulidae Stephens

ハラビロトンボ       Lyriothemis pachygastra Selys  1999.8.11. 三内(成虫)○
シオヤトンボ        Orthetrum japonicumu japonicumu Uhler 1999.6.10.新城倉の沢(成虫)○
シオカラトンボ         Orthetrum albistylum speciosum uhler 1999.7.8  .三内(幼虫)○
オオシオカラトンボ    Orthetrum triangulare melania Selys 2000.8.21. 青森市戸崎、又八沼、新城○
ヨツボシトンボ         Libellula quadrimaculata asahinai Schmidt 1999.7.5. 三内(成虫)、新城○
ハッチョウトンボ      Nannophya pygmaea Rambur  1999.7.19.原別 (成虫)
コフキトンボ          Deielia phaon Selys  1999.8.30. 三内 (成虫)ほか、石江笹森沼○ 
ショウジョウトンボ      Crocothemis servilia mariannae Kiauta 1999.8.11.三内(成虫)、新城○
ミヤマアカネ         Sympetrum pedemontanum elatum Selys 1999.7.24. 沢山水田(成虫)ほか、天田内
ナツアカネ              Sympetrum darwinianum Selys  1999.9.3.天田内(成虫)ほか、各地
アキアカネ           Sympetrum frequens Selys  1999.7.29.沢山水田(幼虫)ほか、各地○
マユタテアカネ        Selysympetrum eroticum eroticum Selys 1999.7.28.沢山他、各地○
リスアカネ          Synpetrum risi risi Bertenef  1999.7.5.油川水田 幼虫 水田用水路○
ノシメトンボ           Sympetrum infuscatum Selys  1999.7.31.田代湿原 (成虫)他、各地○
コノシメトンボ         Sympetrum baccha matutinum Ris 1999.7.29.沢山水田 (幼虫)他、合子沢
キトンボ           Sympetrum croceolum Selys  1999.7.29.沢山水田 (幼虫)ほか、森の広場、三内
カオジロトンボ         Leucorrhinia dubia orientalis Selys 1999.8.1.田代湿原(幼虫)、2000.6.19成虫)
コシアキトンボ       Pseudothemis zonata (Burmeister) 2000.7.10.又八沼(成虫目撃)安田水天宮で繁殖確認
ウスバキトンボ        Pantala flavescens Fabricius 青森市内(成虫) 6月下旬頃より各地で目撃される○
チョウトンボ        Rhyothemis fuliginosa Selys  2000.8.3.青森市三内(2頭目撃)、小谷沢(1雌産卵中)

以上、青森市内では'03. 7.17.現在53(市外+8種)種記録されています。
'03年度の追加記録は次の通り、
印は「しらかばビオト−プ」で2005年までに記録された種類、現在27種
アオヤンマ、ホソミオツネントンボミヤマカワトンボ

 

調査地の説明

A:三内遊水池

  青森駅のやや西側で陸奥湾に流入する沖館川の洪水調節用として建設された遊水池で、「 リバ−ランド沖館」として各種の運動場を配置した多目的遊水池で、場所は三内丸山遺跡の隣接地である。
侵出する地下水は大小の池に貯められて沖館川に放流されている。池の深さは30-40cm程度で底はコンクリ−トで固められているが、堆積した泥に各種の水辺の植物が繁茂している、また青森市内では珍しい
メダカ 、ヌカエビの生息地でもある。
現状はトンボ類の繁殖場として
青森版「トンボ王国 」の観もある。水深も浅く安全であるので小中学生の自然観察の場として大いに活用したいものである。
今後は側溝に繁茂した水生植物類の現状維持程度の管理を願いたいものである。
残念ながら、一部の池にはすでに
ブラックバス、カムルチ−の侵入があり、メダカの見られない場所もある。
トンボ類ではシオヤトンボ、ヨツボシトンボ、キイトトンボ、マダラヤンマ、ハラビロトンボ、ショウジョウトンボ、アオヤンマなど他では見られなかった種類も多く、青森市内では調査した水辺の内で最も種数の多かった場所である。「
ビオト−プ 三内」として活用が望まれる。

B:森の広場

  青森市が競輪場を移設した際の付属施設だが、ほとんど利用者のいない「森の広場」競輪場の駐車場からあまり整備されていない林道を通って繋がっているらしいが、岩渡方面に曲がらずに「森の広場」入り口から入れば駐車場や野球のグランドもある。この一角に沢をせき止めた池が二つあるが、水深が深くて小・中学生には危険地帯!森林に囲まれた挺水植物の良く繁茂した池で「 スジエビ 」が高密度に繁殖している。沼は全体で3-4段に分かれるが、一部の沼には高密度にメダカも棲息も認められる。
環境条件が特殊なため、他では見られないオオトラフトンボ、クロスジギンヤンマ、コサナエ、モノサシトンボなどが棲息している。くれぐれも安全第一に願いたい。

C:石江笹森沼

  石江にあった古くからの溜め池であるが、下流の水田地帯が消滅したためその役割が終わっている。周辺住宅地からの生活汚水の流入で富栄養化の傾向が著しい。面積も往年の半分以下に埋め立てられ、生物相も激変したものと思われる。一面に緑藻類が繁殖して昔日の面影はない。透明度がほとんど無いため水中の生き物も全く見えない。たまたま訪れたときにはギンヤンマ、コフキトンボ、シオカラトンボ、アジアイトトンボなどが観察された。コフキトンボが数多く(優占種)棲息しているのは特異的である。

D:沢山

  一部に水路の護岸工事が見られるが、基盤整備の行われていない水田が残っている貴重な地域である。訪れたときにはヒガシカワトンボの成虫の他水路にはカワニナやホタルの幼虫も見られ、夏にはホタルの観察もできると言う。ヒガシカワトンボ、ミヤマアカネ、キトンボ、マユタテアカネ、オニヤンマなどが観察できる。青森県のヘソに近い。

E:合子沢

  青森市の水源である横内川の西隣に位置する八甲田山渓の一つであるが、近年流域の開発が進行中である。流域には養魚場がありイワナ、ヤマメ、ニジマスなどが放流されている。渓流棲のサナエトンボ類が期待されるがほとんど未調査。流域の休耕田などでコノシメトンボが観察できた。上流域の育樹際会場跡地(鳥獣観察小屋)に出来た人工の小池は新たに侵入するトンボ類の観察地として継続観察して行きたい。モイワサナエ(ダビドサナエ?)、クロサナエ、ヒメクロサナエなど渓流棲サナエトンボ類がいる。

今年度の調査では少年時代の記憶に残っているハグロトンボ、マイコアカネなどは発見できませんでした。また、50年ぶりで再会した種類、シオカラトンボ、キイトトンボなど局地的な分布であることを認識させられたものもありました。行動を起こした時期が遅かったのでサナエトンボの類がほとんど未調査です。

リストの作成には次の参考書を利用いたしました。

日本産トンボ幼虫・成虫検索図説:石田昇三・石田勝義・小島圭三・杉村光俊 供著、東海大学出版会、1996.11.30.第5刷

トンボのすべて:井上 清・谷 幸三 共著、トンボ出版、1999.6.1.第1版

青森県のトンボ類’77:奈良岡弘冶著、非売品(謄写刷り)、1977.3.20.

近畿のトンボ雑記」、「トンボの素顔」「芦屋市のトンボ」「故郷埼玉のトンボ」「ヤゴの世界」など各氏のホ−ムペ−ジを参考にしています。
 

                                身近の生き物表紙へ

ご意見、ご感想をお願いします。

 

Created December 20. 1999/Copyright(c) Masatoshi Igarashi