弘前ハウジング

HOME > 取扱商品 > 高気密住宅用遮熱シート R Foil (Rフォイル)

商品紹介 フォイルバブルバリアー

二層のポリエチレンエアーキャップを特殊アルミでサンドイッチした薄型気密断熱シートフォイル/二層ポリエチレンエアーキャップ/フォイルの4層構造。



スクエアーエッジ、サイズは48"x125' (500sqft/ロール)

高気密住宅用遮熱シート R Foil (Rフォイル)


熱の伝わり方:その1
ある物質が他の物質に直接接触していることによって熱が伝わる現象です。物質が固体や液状の時に起こります。

わかりやすい例としては、コンロの上に置かれた鍋があたたまる現象です。



熱の伝わり方:その2
空気の動きによっても熱が伝わります。

【自然現象】
暖かい空気は上にあがり、冷たい空気は下に下がります。
【人工的現象】
ファンなどによって人工的に空気を動かす場合です。

熱の伝わり方:その3
物質の温度が周りの空気より高い時、または低い時に起きます。例えば太陽の熱は空気を通してあらゆる方向へ伝わります。

その熱は接触した物質の表面により、吸収されたり、跳ね返ったりします。



商品特徴及び利点
放射熱を 97%反射します
湿気やカビに強く、優れた気密性、防水性
アメリカではクラス1・クラスAの防火基準適合
省エネで快適な居住空間を生み出します
防水と耐放射熱を兼ね合わせます
湿気や結露を防ぎます
施工が簡単です

多様な施工例



商品価格
1ロールあたり 1220mm X 38.1M (45m2) 34,000円/ロール(配送料・税別途)



アールホイール性能表


断熱材の常識が変わります。!!

厚さ8mmでR値はウレタンの1.3倍、価格は高性能なのにローコストでグラスウールに対抗でき、非常に使いやすい。 しかも、燃えません。北米の最高基準の防火認定を取得しております。

反射断熱材の考え方
熱移動の3原則は伝導、対流、輻射ですね。日本の技術は今まで全てが伝導と対流を遮る技術ですね。しかしながら、アメリカ ペンシルベニア大学での研究結果によるとこの3原則の熱移動の割合が
伝導5%、対流20%、輻射がなんと75%と言うことなんです。

と言うことは日本は25%のことを一生懸命にやっているんですね。

それで75%の輻射は殆ど捨てている。ところがこの反射断熱材はこの75%の輻射の熱損失に着目してアメリカのNASA開発した反射材なんです。宇宙服を伝導を遮る技術で作ったら分厚くなりすぎて全く動けませんよね。

熱は絶対0度(−273度C)以上は全て熱です。この反射断熱材は97%の熱を反射しますので非常に優れた輻射断熱材と言えます。

冬は暖房の熱を室内に跳ね返し、室内の温かい温度を長時間保ちますので暖房費を大幅に削減させます。外気からは冷気を反射して室内に入れないようにします。

夏は 太陽の強い輻射熱を屋根裏と壁面で強力に遮断し室内の温度上昇を抑えます。室内の冷やされた空気を室内に跳ね返し、冷房費を大幅に削減させます。

熱気を棟に逃がす為の空間も、施工時に簡単に確保することが出来ます。 ウレタン等の外断熱工法は夏の日差しにより熱せられてウレタン自身が発熱するので、なおさら室内が暑くなる傾向にあります。

どんな建物に利用されているか
商業用建物(コンビニ等)、専用住宅、工場、畜舎(鶏舎、養豚場等)、基礎断熱、 ダクト、保冷庫、保冷車、寝袋、その他数多くの用途にお使い頂けます。 養鶏場について 特に家禽は体温調節が出来ませんので熱に弱いため生産性の向上には鶏舎内 を適正温度に保つことが最も重要です。
アールホイールは夏季は太陽の輻射熱を反射して温度上昇を抑え、冬季は室内の暖房熱を室内側に反射して省エネで室内温度管理に大きく貢献できます。

また、アールホイールのアルミ及び白ポリの表面は家畜のし尿に対する浸透性がなく化学的にも安定しておりますので、し尿の影響を受けません。
水洗い(高圧洗浄は不適)により洗浄することが出来ます。

アールホイールを使った時の効果 
最低限の厚みで大きな断熱効果、結露の抑制、防湿シートとしても効果を発揮施工が簡単で迅速、カビの温床とならない菌に対する対抗性大。
  有限会社 弘前ハウジング : haujin@jomon.ne.jp