ニリンソウ 

ニリンソウは日本各地に広く分布し、主に湿潤な山地の林などに生育します。

草丈20〜25cmほどの小さな多年草で、しばしば群生します。
花被片(ガク片で花弁はない)は通常5枚で白色です。
まれに花被片の裏側が淡いピンク色になります。

川中美幸さんの歌で「二輪草」が親しまれていますが、
春先に咲く小さくてかわいらしい花を茎に2つつけるイメージが歌によくあっています。

二つ目の花は少し遅れて咲き始めるので大きさが違うのもいい感じです。

実際のニリンソウは、ひとつの茎につく花の数は1〜3個と幅があります。