題名:薄(ススキ)

子どもの頃は十五夜になるとススキを取りにいったものでした。

秋の野山に揺れる姿に、えもいえぬ風情が漂うススキ。

尻尾に似た姿から、尾花とも呼ばれています。



ススキは茅(カヤ)とも呼ばれ屋根を葺くのに用いられました。

名前の由来は、すくすくと立つ木に由来するとも、
すれすれにくつつき合っている様子から薄の文字が当てられた、
ともいわれます。

薄の他に芒とも書かれることもあります。

いずれにしても、どこか淋しく郷愁をそそる花です。

 
日本、朝鮮半島、中国に分布しています。