萩(ハギ)

細い枝に小さな花を多くつけて咲き乱れる姿は清楚で優美です

派手さはなく、落ち着いた控えめな美しさは理想とされた
日本女性にも通じるためか、万葉の昔から現代まで日本人に愛され、
詩歌や美術工芸に取り入れられてきました。。

山上憶良が詠んだ秋の七草の歌で筆頭に上げられていることからも、
日本人の秋の季節感と、もっともよくマッチした花であることが感じられます。

ハギは本来はヤマハギ、ミヤギノハギ、ニシキハギなどの総称ですが、
「秋の七草」では日本のハギのなかでもっともよく知られる
ヤマハギを指すことが多いようです。