ビオラ 

小輪パンジーとも呼ばれるX・コルヌタを中心にして
改良された系統の品種群がビオラと呼ばれています。

花の直径4p前後の大輪系ビオラと、バイオレツタとも
いわれる花の直径2p前後の小輪系ビオラに分けられます。

鉢ものの場合、手入れの仕方はパンジーと同じで、
11月ごろまでは表土が乾いたら、寒中は多少控えめに、
3月ごろからは秋と同様に水やりをします。

また、長期間花を咲かせるので、水やりに準じて液肥を与えるのもパンジーと同様です