ヒアシンス 

英語ではhyacinth。ヒヤシンスとも呼ばれます。
ユリ科の多年草。
ギリシア、シリア、レバノン原産で、日本へは文久3年に
伝えられたといわれます。
ギリシア神話で、アポロンの投げた円盤に当たって死んだ
美少年、ヒュアキントスの流れた血から咲いたといわれています。

「にしきゆり」「風信子」「夜香蘭」とも言われます。
小花を密生させた上品な花姿で甘い香りを漂わせ、
水栽培としても楽しまれているヒアシンスには
オランダを中心に改良されたダッチ・ヒアシンスと
フランスで改良されたローマン・ヒアシンスの二つの系統があります。

一般には花房の大きな前者の系統の品種が多く栽培されています。
長さ20p、幅2pほどの肉厚の根出葉の間から、
高さ20〜45pの太い花茎を出し、6枚の花被が反転して開く
花を総状に多数つけます。

花色は青紫、赤、白、桃、黄色などがあります。
鉢ものの場合、畑土、腐葉土、川砂を均等に混合した
用土に浅植えにし、乾燥を防ぐようにします。
いったん寒さにあわせた後、暖かい窓辺などに置くと良いでしょう。