ディモルフォセカ 

金属のような光沢のある一重咲きの花です。
日中に開き、夕方は花を閉じてしまいます。

大きく分けて2種類あり、一つは葉のない茎の頂に
花が1個つくディモルフォセカ属の系統です。

代表的なD・シヌアタは草丈30〜40p、
橙色の花弁の基の部分が紫黒色になります。

もう一つは茎に葉のあるオステオスペルマム属の系統です。
トータルの花色は橙、白、紅紫、桃、黄などです。

鉢ものの場合は、日照を好み、多湿に弱いので、
梅雨期はまめに花がらを摘み、風通しをよくします。