スノーフレーク 

スイセンのような細長い葉の間から花茎が伸び、
スズランに似た花が咲くのでスズランスイセンとも呼ばれています。


英語ではsnowflake。ヒガンバナ科の多年草。
ヨーロッパ中・南部原産で観賞用に栽培されます。

高さ40センチメートル程度で、ラッキョウに似た
卵形の鱗茎
(りんけい: 地下茎の一種で短い茎の回りに、
養分を蓄えた多肉質の葉が密生し、
球形、卵形などになったもの)
から葉と花茎を出します。

葉はスイセンに似て線形で厚く、幅1〜2センチメートルで
先端は丸みをおびています。
春、花茎の先に数本の花柄を出し、
白色の鐘形花を下向きにつけます。

花被片は6枚あり、3枚ずつ内側と外側の二輪に並び、
長さは皆等しく15ミリメートルほどで、
先端付近に緑色の斑点があります。

「なつゆきのはな」「すずらんすいせん」「おおまつゆきそう」の別名があります。

  


「私の乳酸菌」
を増やすこと
が大切

乳酸菌生成エキスのラクティス

ラクティスで
良い腸内環境

健康に良い商品と友人から紹介されたのですが、便秘やお肌にもとても良いようです。 さらにはウエストまでスッキリとワンサイズダウン。