シラネリア 

英語ではcineraria。
キク科の越年草。カナリア諸島原産で、
日本へは明治初年に渡来し観賞用に栽培されます。

高さ40〜60センチメートル。
葉は大型のハート形で縁は波状に切れ込み、
裏面は紫色を帯びています。

初夏(温室では冬から春)に、
茎の上部に多数の花を咲かせます。

花の色は紅・紫・藍・白色など。
「サイネリア」「ふうきぎく」とも呼ばれます。
晩秋から春の代表的な鉢花で、小菊に似た花が鉢いっばいにさきます。

本来は多年草ですが、
夏播きの非耐寒性1年草として扱われ、
フレームや低温室で栽培されています。

花は大、中、小輪があり、紅、桃、青、紫、銹赤サーモンピンク、
蛇の目模様の複色花など花色がきわめて豊富なので、
鉢植えのほか寄せ植えにも向いています。

鉢の場合は日当たりのよい窓辺に置き、
土の表面が乾いたら水やりをします。

開花期間中は月1回くらい液肥も与えてください。