クンシラン 

漢字では君子蘭と書きます。
ヒガンバナ科の多年草。南アフリカの喜望峰原産で、
日本へは明治初年に渡来し観賞用に栽培されています。

高さ40センチメートルぐらいになり、長い葉をつけます。
初夏には筒状花を咲かせます。
花の色は緋紅色で先端は緑色を帯びるます。

豪華な橙色の花のかたまりが大らかに広がる濃緑の葉に映え、
君子のような品格がある常緑の多年草で花色は橙色のほか、
緋赤、黄、桃、白もあります。
葉は幅が広く、ふつう濃い緑色です。

鉢ものは、葉が短くて幅の広いダルマ系品種、
美しい斑入り品種、大形の品種、矮性の品種などいろいろなものがあります。

生ける場合は、葉と花をともに生かすとよいでしょう。
鉢もののは、春〜秋は戸外の半日陰、降霜期や鑑賞時は
室内の明るい半日陰の場所に置き、土の表面が乾いたら水やりをします。