クモマグサ 

雲間草と書きます。
ユキノシタ科の多年草で本州中部の高山の岩礫地に生えます。
茎は短く、よく分枝し、高さ3〜10センチメートルになります。

園芸店で市販されている雲間草は洋種クモマグサで、
高山植物のクモマグサとは別種です。

洋種クモマグサは、切れ込みの入った葉をつけた茎は
分枝してクッション状に広がり、3〜4月ごろ直径2〜3pの
可愛い花を多数咲かせます。

花色は赤、ピンク、白など。
いける場合、株の一部を根引きして土を洗い落とし、
かたまりのまま根締めなどに用いると扱いやすいでしょう。

鉢ものは日当たりのよい場所に置いて管理するが、
高温多湿を嫌うので、夏は雨の当たらない
涼しい半日陰の場所に移しましょう。

株が大きくなったら、10月上旬に株を小分けして植えかえましょう。