キンコウセイ 

漢字では錦晃星と書きます。

多肉植物の一種。有茎で植物体全面に白毛が特徴の茎は
低木状に分枝し、肉厚で長細い葉を互生する。
茎先には花が穂状につき、春に開花します。

1個の花の長さは1.5p前後、花弁はオレンジ色で
中央部は朱紅色になります。

花のほか茎と葉のみの時期も姿がおもしろく、観賞されます。

切り花は出回らないが、鉢ものを流用して、
主材や配材にすることもできます。

エチエベリア属の植物は一般にユニークなロゼットをつくり、
観賞の対称にさますが、本種は枝ぶりのほうを観賞されます。

鉢ものの管理水はけのよい培養土に植え込み、
よく日に当てて育てますが、降霜期はフレームか室内にとり込みます。

水やりは表土が乾くたぴごとにたっぷり与えます。
植えかえは4〜5月に毎年行い、鉢は一回り大きいものが良いでしょう。