アクイレギア 

日本名で苧環(おだまき)と呼ばれます。
キンポウゲ科の多年草で古くから観賞用に
栽培されてきました。
全体に粉白緑色を帯び、茎は直立して
高さ20〜40センチメートルになります。

初夏に枝の先端に碧紫色あるいは白色の花をつけます。
古くから日本で栽培されてきたオダマキのほか、
日本産や外国産の多くの種類があります。

オダマキは小形のミヤマオダマキを園芸化したもの
といわれ、両種とも距が短く、花色は青紫色で
簡状に並ぶ花弁の先が白色ですが白花品もあります。

ヨーロッパ原産の西洋オダマキは花つきがよく、
花弁と萼片が同色のものが多いが、
複色花や距のない八重咲き品もあります。

日当たりのよい場所に置き、水ぎれしないようにしましょう。
多湿を嫌う花です。

 




日本原産のオダマキにはミヤマオダマキと
ヤマオダマキの2種があります。

ミヤマオダマキは高山帯の砂礫地や草地に自生し、
ヤマオダマキは、山地の林縁や草地に自生します。

ミヤマオダマキ