梵珠山紹介


梵珠山

  梵珠山は、青森市・五所川原市・黒石市の市街地近郊に位置しながら日本海型ブナ天然林に覆われた自然豊かな「いこいの森」です。
  ブナ林の特徴である階層構造や植物の種類の豊富さを実感できる格好のフィールドで、野生鳥獣の生息環境にも恵まれ、四季折々の素晴しさが楽しめます。

梵珠山について
位 置  青森県青森市浪岡大釈迦
標 高  468
歴 史  梵珠山を含む浪岡一帯は、およそ300万年前の新生代の地層です。古く、飛鳥時代より信仰の山とされ仏教に関係深い地名が残っています。
 また、梵珠山という山名も釈迦三尊仏のうちの文殊菩薩の名から名付けられたと伝えられています。
気 候  年間を通じて雲の発生が多く、青森県内でも有数の多雪地帯です。
登山道について
コース名 説        明
サワグルミの道
(2.1Km/75分)
 湿った土地を好むサワグルミ、トチノキなどの木が多く、信仰に支えられた歴史の古い歩道です。
マンガンの道
(2.4km/70分)
 昔、マンガン鉱石を運び出した道です。ヒバの林やアカミノイヌツゲのトンネルなどがあります。
アカゲラの道
(1.6km/45分)
 尾根に作られた短い一周コースの歩道です。U字形の溝は人為的に造られたものです。同じような太さのブナの木が多いのは、昔伐採されたためです。
ミズバショウの道
(0.9km/35分)
 湿地に作られた歩道です。木道に導かれ、カタクリの森でサワグルミの道に合流します。
* カモシカの道は閉鎖したので登山道として利用出来ません。
その他のスポット
名 称 説     明
寺屋敷  梵珠山の8合目にあり、古い昔、ここに寺があったと伝えられ、今も古井戸の跡が残っています。
釈迦堂山  釈迦堂が建てられ、旧暦4月8日と7月9日には御灯明(火の玉)が降臨すると伝えられています。
鐘撞堂山  標高317m。昔津軽三千坊の一つとして栄えていた頃、鐘撞堂があったと伝えられています。
松倉神社  松倉とは松と杉が生えている倉(崖)という意味で、古くは松倉観音堂と称され、梵珠山中腹の岩の上に建てられた津軽三十三観音・第25番札所です。
 麓の大滝は、修験者の行場でした。
諸注意
梵珠山一帯は、鳥獣保護区特別保護地区に指定されています。