ゼロの握手ページ

ゼロの握手
頚椎損傷者の車椅子エッセー

Amazonをはじめ、楽天や紀伊国屋、セブンアンドワイ等、全国の書店でもご注文ご購入できます。


 

新着お知らせ■この度、館長@木馬館こと柴崎昭雄の第一詩集「てのひらの月」が出版されました!

Amazonでは現在送料無料です。よかったら読んでください。

詳しくはこちらへ。

■「ゼロの握手」好評発売中!

ゼロの握手 柴崎昭雄

管理人の館長@木馬館こと柴崎が、この度、ノンフィクションの本を出版いたしました。読んでいただければうれしいです。

やんちゃな中学時代や交通事故、入院、リハビリ、たくさんの人たちとの素敵な出会いなど、生きる意味を問う笑いと涙のペーソスいっぱいの集大成です。みなさんに読んでいただければうれしいです。

詳しくは、ゼロの握手ページで。


 

■常夜燈・野辺地川柳社ブログ

ローカル川柳グループ野辺地川柳社の機関誌「常夜燈」の自由詠や句会作品、エッセイを紹介。

 


■川柳団体・柳誌

全国的な結社や発行されている柳誌の紹介。随時追加更新予定。

 

■みなさんからの川柳・俳句・短歌・詩作品の投稿・投句を募集しています。どなたでもお気軽に。また、各リンク集ページへの詩や川柳、俳句、短歌関連サイトの相互リンクも大歓迎です。

■Book

詩集 存在証明 花田宏子

詩集 存在証明 花田宏子
・詩集のご注文はこちらから。

作品「命のかけら」からの抜粋
空からふるのは空のかけら
私もひとつの命のかけら
ひとひらの雪が
こんなにてのひらにあたたかいのも
かけらと
かけらだから


川柳・俳句・短歌の投稿・投句

※川柳・俳句・短歌の投稿・投句は↑上のアイコンをクリックして投稿ページ下の「新規投稿」をクリックしてください。現在の投稿ページは第133期です。お気軽にどうぞ。

※投稿作品の投稿数は、投稿者一人につき一日2投稿までを目安にして下さい。

 


※初めての方は、下記の投稿規約をお読み下さい。

 

 

第5回温泉・湯治で5・7・5(川柳・俳句)入選結果

 

新着お知らせ※肘折温泉の第5回温泉・湯治で5・7・5の入選句が決定しました!!この度は「温泉・湯治で5・7・5」にご参加いただきありがとうございました。心より感謝申し上げます。詳しくは肘折がドッっと混む 山形県肘折温泉のポータルサイトまで。

 

■川柳・俳句・短歌の投稿作品2013年

 

■川柳・俳句・短歌の投稿作品2012年

 

■川柳・俳句・短歌の投稿作品2011年

・2011年に投稿・投句された作品のアーカイブです。

 

・2010年以前に投稿・投句された過去の作品を読む場合は下記にある「投稿作品あーかいぶ」のプルダウンメニューから、読みたい年代・期間を選択してください。

 

 

■川柳 俳句 短歌投稿作品あーかいぶ

■川柳・俳句・短歌の投稿作品2010年

・川柳・俳句・短歌の投稿作品2009年

・川柳・俳句・短歌の投稿作品2008年

さよならは2Bの濃さの鉛筆で・投稿作品2007年

・投稿作品2006年

・投稿作品2005年

・投稿作品2004年

・投稿作品2003年

・投稿作品2002年

・投稿作品00〜01年

・投稿作品2000年以前

 

 


 

※投稿規約

・なりすましで投稿・感想コメントの書き込みをした場合は、投稿ページへの入室制限をします。 例えば、感想欄へ投稿名を変えて書き込む。これは悪質なコメントでなくても削除の対象になります。もし、投稿名を変える場合は、変更した旨を書いていただければOKです。

 

・管理人が中傷誹謗と判断した投稿作品やコメントは削除いたします。また、訪問者や投稿者が不快に感じる作品やコメントもその対照となります。

 

・投稿ページでの誹謗中傷などに関して(と思われるも含む)の個人へのコメントは削除します。そういう意見がある場合は管理人へ直接お申し出ください。

 

・ご自分が投稿した作品やコメントは、コピーするなど控えを取ってください。スパム書き込みでコメントが消えたり、作者本人が投稿作品が必要になった場合に備えて。

 

・メールアドレスのない方のお問い合わせフォームからのお問い合わせには一切対応はしません。

 

※作品の感想欄ですが、スパムメール的な数十、数百の書き込みが続く場合があります。その場合はサーバーに負荷がかかりますので、対策として感想欄ごと削除する場合がありますので、貴重と思われる感想・コメントは、投稿者ごとに保存されることをおすすめします。もちろん、感想欄だけで、作品は削除しませんのでご安心を。よろしくお願い致します。


■川柳・俳句・短歌、それぞれ違っているけど、どこか似ている兄弟。お姉さんに、お兄さんに、やんちゃな弟のようだと誰かが言っていた。だから、それぞれの違いを楽しんで、共通点を味わって、お互いに深めていければいいなと思います。

 

 ネットで買える句集・詩集の紹介
書店に流通する川柳句集は意外と少ない。一冊でも多く紹介できれば幸いです。 インターネットで買える句集や俳句句集、詩集を集めて見ました。

 

■創作は自分を発見する機会でもあると思います。作品が生まれると、自分はこんなことを考えていたのかと、それまで自分自身でも気付かなかった自分の一面を発見することが多々あります。私自身も詩や川柳の創作活動を始めて約二十年という歳月が流れましたが、数え切れない自己発見がありました。

また、創作は自分の気持ちを表現したり外へ向けて発信するので、いろいろな意味で自分を支えてくれたり、大きなパワーも与えてくれます。何かを誰かに伝えることの大切さを実感していただければ幸いです。