「盛雪銀碗」・梅足

|一|白|靴|二|
|振|雲|鳴|十|
|梅|翔|氷|年|
|枝|鶴|割|来|
|還|雨|甚|銀|
|雪|中|蹤|碗|
|花|鼠|遮|裏|

以下失礼ながら説明です。

[語釈]
「・来」・ぶりに。
「銀碗」白銀の碗。銀世界の意。
「還」また。

[作法]下平声六麻押韻。仄起式。


●作者へのご感想はこちらへ●


詩の投稿作品・1998年前半


詩の投稿作品


目次へ戻る