「プロポーズ」・ふみえ

彼女と呼ばれてうつむいて
水溜りに映った照れ顔が
もっと恥ずかしくて知らない振りした

「あなた変わったわよね」
責める私も随分変わってしまった

会話が途切れると緊張してた
いつからかそれが安らぎになり
時として無言の抵抗になった

二人はもうながすぎて
二人の先は見えてしまう
一度通った時間はもう戻れない

やりなおすなら今
かえるのも今
終わらせるのも今

明日の今頃 プロポーズ


●作者へのご感想はこちらへ●


詩の投稿作品


目次へ戻る