「夕暮れ」・レトロ


好きだ・・・・と

かつて人が囁いたような・・・

ふんわりと吹くオレンジ色の風の名残


さびしかった一日が
そっと幕を閉じるいま


ほぐれた心を
そっと冷やしている


あのとき
あの場所で

あれほど
かたくなだった心が

いつしか夕暮れて


それはやがて

水のなかにいるように


さらさらと

平らになる


●作者へのご感想はこちらへ●


[詩の投稿作品・1999年6月〜7月詩の投稿作品トップへ戻る]