「うっすらとした気丈」・セイミー

うっすらとした「気丈」を立ててみる 道がひかる ひかって地平を近づける うっすらとした「気丈」をよこたえる 海がひかる ひかって夕日を追ってくる 背筋に視線を受けている そんなに気張るな ときは 軟鉄の深さを はるかに越えて過ぎていく


●作者へのご感想はこちらへ●


詩の投稿作品トップへ戻る