「造られたモノ」・蒼玉


彼ら(あるいは彼、彼女)は常に人とあった。
彼ら(あるいは彼、彼女)は人の望みを全て叶えた。
彼ら(あるいは彼、彼女)はその姿を変え、
彼ら(あるいは彼、彼女)はすべからく人のためにあった。
彼ら(あるいは彼、彼女)を人は敬い。
彼ら(あるいは彼、彼女)を人は憎み。
彼ら(あるいは彼、彼女)を人は望んだ。
彼ら(あるいは彼、彼女)の名を神という。

人が造りだし、捨て、また造りだす、もっとも旧きもののことだ。




●作者へのご感想はこちらへ●


詩の投稿作品


目次へ戻る