「通りぬける風が・・」・TAM


3DKの
安いアパートでは
窓をどんなに全開にしても
風は通らない

ところが
このドアを開けたとたんに
心地よい風が
すーっと
通りぬけた

その時
私の中の
よどんだ空気も
一気に
透明になった

空気清浄器よりも
手っ取り早く
てきめんだ

出口さえ見つかれば
いいのだ
そこがどんなに遠くたって
一点の
明かりさえ見えれば
そこに向かって行ける

秋の風は
もはや冷たくて
ドアはすぐに
閉めてしまったけれど

いつでも
開けられると
わかっているから
安心していられるし
前ほどは
もう濁らない

空気も
心も




●作者へのご感想はこちらへ●


詩の投稿作品


目次へ戻る