「溶け合わなかった空と海」・なっつ


どこにいきますか

それは空よ
あなたの自由です

あなたにわたしを投射して

青く青く
せつなく生きていたのです

あなたは
その
重みにさからうように
海になっては

逆巻く波を創り

ながれてゆくのです


雄雄しいあなたの姿

わたしを惹いていた

その雲、星、つき

あなたはすべてでしたが。

感情という矢が
こころに刺さっていたとは。


にげていってもいいのです。

お行きなさい。

溶け合えない

空のあなた
海のじぶん

やがては空も海も
たそがれるのだけれど

雄雄しく
群青色にかわるあなたと

なみだの
みずいろのわたし

溶け合わなかった空と海の

ぼやけた色彩。

それが想いでとなって

あたりを

ももいろの優しさに
照らすのでしょう


●作者へのご感想はこちらへ●


[詩の投稿作品・1999年6月〜7月詩の投稿作品トップへ戻る]