「乳飲み子」・なっつ

だれもが乳飲み子だった

だからあなたもわたしに甘えるのか


知っている

ひとは育とうが
こころはまだ柔らかい


泣きたいときに泣けばいい


あなたを育てながら

ときには


あなたを乳飲み子のように


泣かせてあげよう


すっきりするまで


●作者へのご感想はこちらへ●


詩の投稿作品・1999年1月〜5月詩の投稿作品トップへ戻る