「小さな振動」・カテコール

ひんやりとした空が
明けてゆく頃

冷たい音が
響いてゆく

張りつめた大気の中を
小さな振動とともに

ずっと遠くの方まで

やがて聞こえなくなっても
音は震えている


花びらは
落ちてしまった

風に吹かれても
雨に濡れても
散ることはなかったのに

小さな振動に脅えながら

音もなく



●作者へのご感想はこちらへ●


[詩の投稿作品・1999年6月〜7月詩の投稿作品トップへ戻る]