「てんきあめ」・レトロ


気まぐれなてんきあめが

海岸をかけぬけていった


そのあとの空気の変化は
神様の成せる魔法


汚れていたこころのかけら

憎しみと
怒りと

すべて洗ってくれた


このじわじわとはじまる陽射しが

明るくすべてをつつむ



だからこんな日の恵みの雨が

とても好きだ


透明なこころに降る


てんきあめが愛しい


●作者へのご感想はこちらへ●


[詩の投稿作品・1999年6月〜7月詩の投稿作品トップへ戻る]