「ただひとり」・白市小鳥


若い奴ほど残酷な者はいない
年をとった奴ほど厭らしい者はいない

ただ あなたの事を信じたいのです

自分の厭らしさを棚に上げて




●作者へのご感想はこちらへ●


詩の投稿作品


目次へ戻る