「早朝がいいね」・雅 茶

目を閉じてリラックスをし、深呼吸を2〜3回する。
そして、遠く無限に続く宇宙をイメージしてみる。
行っても、行っても続く宇宙の中で、浮遊する自分。そのような中で
今、もっている自分の固定観念の枠では想像できない位の無限な世界。
そして、闇の宇宙空間その場面から、まず地球をイメージしてその地球の上にしがみついている自分をイメージする。鉛筆と、メモをそばに置き感じた事を全て書き出していく。
さあ、なにがメモに書かれているかが楽しみ。





●作者へのご感想はこちらへ●


詩の投稿作品


目次へ戻る