「白い岩」・カテコール


あの遠くの空に見えるのは
岩だろうか 人だろうか
うつろう時に流されず
ああしてとどまっていられるものは
人だろうか 岩だろうか

風が吹くたびに
私は変わってきたのです
わかりますか
とおい神話のなごりに
泣こうとしても
とうに涙は涸れてしまったのです
うつろう時に流されて
こうしてあの遠くに見える岩かげを
ひとりぼっちでながめていると
思うんです

ああしてとどまっていられるものは
人だろうか 岩だろうか

ああ 私は泣いているようだ




●作者へのご感想はこちらへ●


詩の投稿作品


目次へ戻る