「深呼吸」・白市小鳥


かなしいことがあった日には
なにも喋りたくない

息をすうと

甘い花の香りで
涙が溢れた



詩の投稿作品


木馬館トップへ戻る