「結び目」・アルコール


心に小さな結び目。
自分ではほどけない。

放り出された 結び目は
忘れ去られても

いつか かたい結び目で
いっぱいになった 心は
ざらついた いびつなものとなる。 

私のなかにも きせきの花はあるだろうか。


●作者へのご感想はこちらへ●


詩の投稿作品


目次へ戻る