「負けない」・星粒


1日雨のひは
なぜかしら
勧誘の、販売の

でんわのベル

玄関ののっく

ひびくわ、ひびく。

雨であたまがかびていると

いう気分のひ。

拒否することは

無だな労力だが

惜しめば

金を消費することになる。

教材?−−−−−−−−−−

ーーええ!御存知ですねーー

ーーーけっこうよ、
余裕ないからーーー

ーーあのうーー
男は不安げに
拒否の理由を問う

ーー当方が失礼なこと
したでしょうか?−−

言いがかりと呼ぶ
はなはだ不愉快な問ではあるが

こちらも主婦業
だてにやってはおらぬ・・

ーー別に。
ーーー
むっとすれば

邪魔な蝿男は
退散した

ーじゃ、またーーとぬかし。

また、ではない!

もうのっくはごめんなのだ。

あんたの顔はおがみとうない。


わたしは弱いが

このたびにいつもおもいなおす

拒否することの

タイミングの絶妙さは

経験のみ。

そして・・

絶対に

負けてはならん


●作者へのご感想はこちらへ●


[詩の投稿作品・1999年6月〜7月詩の投稿作品トップへ戻る]