「幸福な記憶」・白市小鳥


電車に乗って
ライブに行くんだ
ブルーベリーキャンデイーなめながら

耳には きみの音楽

瞼の上を
光が揺れながら通り過ぎて行く

あんまり気持ちがいいから

死ぬときに持っていく記憶の中に
今いる みたいだ

私が忘れても

私の中に

ずっとあるんだろう

これはすごい事だ!

これはすごい出会いだ!

きみの音楽

きみと音楽

きみと私

きみとみんな

みんなみんなみんな

揺れている光が
すべてを包んで加速していく

私が忘れても
私の中にずっとあるんだろう

あんまり気持ちがいいから

もしかして生まれかわる時にも
私の中にきっとあるんだろう

夢で見たりもするかもね

「何だろう?」って首をかしげて

朝の光の中
出かけて行く 幸福な子供

朝の光の中
出かけて行く 幸福な子供


●作者へのご感想はこちらへ●


詩の投稿作品


目次へ戻る