「こころ」・カテコール


雨を降らせている空を

何気に見つめていると

空に

晴れている場所があることに

はっとします

雲があって

さらに雲が重なっていて

そのずっと先の空には

雲がありませんでした

きっと

その澄み渡る空の下では

鼻歌を歌いながら

洗濯物を干している母親もいるのでしょう

この同じ時刻に

その明るい空の下では

日なたぼっこをしながら

うたた寝をしている子供もいるかもしれませんね

でも

青い空から

白い雲へ

そして

灰色の町の下に

視線を戻せば

しとしとと降り続く雨に

たくさんの波紋が重なって見えて

通り過ぎた人の

あざやかに赤い傘が

とても美しいと

そうは思いませんか?



●作者へのご感想はこちらへ●


詩の投稿作品


目次へ戻る