「国旗」・星粒


目に染みる空に

色鮮やかな国旗だ

運動会のあと
とりはずしていない

背伸びをして
栗色の髪のこどもが

見上げている

広い

広い
グランド


風が息をとめて

国旗の揺れるのが
止まり、


子供が
つまらなくなって
帰っていく

すると
国旗は


ふたたび、
滑らかな風に押されて

そっと

翻る





●作者へのご感想はこちらへ●


詩の投稿作品


目次へ戻る