「渇いていけ」・蒼夜広助


渇いていけ

流れる己に  楔を打ち込み

渇いていけ

流れることを  嫌悪する  なら

自ら  穿ち  風穴を開け

渇いていけ

雑音は  旋律の一部には  なれない

流れ  色を合わせ  微笑みに満ちた
暮らしは  望めない

否  望まない

渇け  染み込む滴を  振り払い

渇いていけ



●作者へのご感想はこちらへ●


詩の投稿作品


目次へ戻る