「感じの良い人」・レトロ


美女とよばれずとも
感じの良い女と呼ばれ

満ち足りた
ささやかなしあわせを育むような
顔をして

いつのまに
サンダル履きになったのだろう

髪を染めるひとがふえた

けれど
白髪だけは金髪に変わってしまうと聞く

わたしは純なジャパニーズ
古風な女じゃないけれど
親にもらった髪の色
金に染めたかないんです


パチンコに行ったことは無い
行ってみたいけれど
あの
ジャラジャラを毛嫌いしてしまう

感じの良い女は
そういわれることで
甘んじてしまい


いい女とか
デキル女とか

そういう風にはなれないだろう

感じの良い男と

感じの良い家をつくり

感じの良いむすめをそだてる


残されたものはなんだろう

胸に
ウズク
感じの悪いことば

感じの悪い女

だまされてる

その他大勢のヒトビト


●作者へのご感想はこちらへ●


[詩の投稿作品・1999年6月〜7月詩の投稿作品トップへ戻る]