「・・・かなぁ。」・思い出


忘れ形見のこの500円玉、
いつも離さず持っていようと財布に入れて。

コンビニで買い物をして、お金が足りなくて、使えない500円。

この昭和62年のすこし傷のある、
その人のポケットに入っていた500円。

煙草でも買おうと思っていたのかなぁ。




[詩の投稿作品・1999年6月〜7月詩の投稿作品トップへ戻る]