「ヒステリー」・なっつ


おまえはそんなおんなじゃ
なかったといわれること
それが病因になりうる

さらをなげる
いちまいさんまい
なんまいなげても
ヒステリーなおらない
ヒステリーのおんなにも
ヒストリーあるある
しかりつかれて
きっちんのゆかにぺたぺた
へなへな
ぐすぐす
おんおん


こどもがチックになった
チックタック時計は鳴るよ


あたしのヒステリーは
あたしのヒストリーの
汚いしみになるけれど
もっとほんと
ほんともっと
あたしの本質は
ほんともっと
おおらかだった


あげもののときに
くるかんゆうせーるす

ふろのみずあふれてる
デンワナリヒビク


ヒステリー
とっておきのなみだを
つかってもさいきんの
あんたは
ちっちもなびきやしない

なみだおなみだ
ちょうだいどらまは
もうふるい


倦怠期
ヒステリーの
倦怠期
結婚の
けったいな
けの字の
けっきょくはあ
欠乏してる
だべる時間が


ひすてりーかんわざい
うってないよ
あんたのかおをみて
ひとこと
おやすみといえれば
あたしのよるは
おわるのだ



●作者へのご感想はこちらへ●


詩の投稿作品


目次へ戻る